焚火台・コンロ / Fire pit

1533-1【キャンプ】【4K】卓上でBBQが楽しめる!BUNDOK(バンドック) 2023年モデル 卓上 コンロ BD-409BK紹介(開封編)

2024年5月15日

BUNDOK(バンドック) 2023年モデル 卓上 コンロ BD-409BKを紹介します。
重量は約2.65kgです。サイズは約380×255×167mmです。
横には取っ手をつける箇所があります。大きめの網でたくさん焼けそうです。

Youtube動画:

YouTubeで動画を公開しています。動画で見たい方はこちら。

https://youtu.be/tPWnyXI8OgA

仕様:

ギアや場所の仕様は以下の通りです。

参考価格¥4,020
ブランドBUNDOK(バンドック)
商品の寸法25.5奥行き x 38幅 x 16.7高さ cm
特徴ヘビーデューティー
ブラック
燃料タイプ

ギアや場所の詳細はこちら:

本文:

新しいギアを開封します。

メーカーはBUNDOKです。

製品名は卓上コンロです。

■箱周りを確認する

バーベキュー用のコンロです。

製品の仕様が書いてあります。

重量は約2.65kgです。

サイズは約380×255×167mmです。

横に使用上の注意が書いてあります。

セット内容の写真です。

裏面は向きの異なる写真です。

箱周りは以上です。

■ギアを開封する

カッターを使ってテープを切ります。

箱を開けて中身を出します。

梱包材が入っています。

それぞれビニールに入っています。

ビニールからセット内容を出します。

使用上の注意の紙です。

熱によって塗装が剥げる場合があります。

グリルの下には物を置かないようにします。

ロストルを網を下ろします。

本体をビニールから出します。

小さい部品も入っていました。

大きく分けて4つです。

■ギアの特徴を確認する

コンロ本体の特徴を確認します。

片手でも持ち上げられます。

周りに小さな穴が開いています。

下には脚がついています。

脚は角に4つあります。

横には取っ手をつける箇所があります。

付属の金属の棒を取り付けます。

内側は中央に向かってくぼんでいます。

内側にも小さな穴が開いています。

外から空気を入れて燃えやすくします。

熱が伝わりにくいよう高さがあります。

内側は3分の2くらいの深さです。

どれくらい熱が伝わるか気になります。

卓上なのでテーブルの上で使います。

炭だけでなく薪も使えるか気になります。

地面で使うなら防火シートを使います。

横の上にねじがついています。

側面には2つあります。

ネジを外せば内側を外せそうです。

カゴにして使うのもできそうです。

コンロ本体は以上です。

■セット内容を確認する

次は網を確認します。

コンロの上にのせて使います。

下側に金属の棒があります。

上側は網がしっかりしています。

大きめの網でたくさん焼けそうです。

次はロストルです。

コンロの底において使います。

上に炭をのせて空気を送ります。

網より小さいサイズになっています。

ロストルは上下で形が異なります。

取り合えずそのまま入れてみます。

くぼんでいる個所にはまりました。

ロストルの横に穴がくる形です。

炭や薪が燃えやすくなります。

■取っ手を取り付ける

ロストルをいったん外します。

付属の取っ手を取り付けます。

カッターを使って袋を切ります。

取っ手が2つ入っています。

向きはなさそうです。

左の穴に挿してから右に入れます。

これで外れなくなります。

コンロ本体を反対側に向けます。

2つ目の取っ手も取り付けます。

両側から持てるようになりました。

ロストルを取り付けます。

網をのせてみます。

卓上コンロが完成しました。

■終わりに

別日に実際に使います。

実践編に続きます。

ギアや場所の詳細はこちら:

-焚火台・コンロ / Fire pit
-, ,