焚火用品 / Bonfire supplies

1556-1【キャンプ】【4K】焚き火でクッカーを吊り下げ!CARBYBY 2021年モデル 焚き火台 トライポッド紹介(開封編)

CARBYBY 2021年モデル 焚き火台 トライポッド を紹介します。
重量は約450gです。サイズは約30~80cmです。
焚き火でケトルなどを吊るします。焚き火が楽しくなりそうなギアです。

Youtube動画:

YouTubeで動画を公開しています。動画で見たい方はこちら。

仕様:

ギアや場所の仕様は以下の通りです。

参考価格¥2,280
ブランドCARBABY
特徴軽量
商品の推奨用途アウトドア
商品の重量450 グラム
フレームの素材アルミニウム

ギアや場所の詳細はこちら:

本文:

新しいギアを開封します。

メーカーはCARBYBYです。

製品名は焚き火台トライポッドです。

■箱周りを確認する

焚き火でケトルなどを吊るします。

箱周りはシンプルです。

カラカラと金属の音がします。

箱を開けて中身を出します。

黒いケースに入っています。

半分はメッシュになっています。

反対側はふさがっています。

巾着状の袋になっています。

重量は約450gです。

サイズは約30~80cmです。

ケース周りは以上です。

■ギアを開封する

ケースを開けて中身を出します。

金属の棒がいくつか入っています。

それとは別のパーツです。

チェーンと棒を固定するパーツです。

大きく3つに分かれました。

取扱説明書は入っていません。

■セット内容を確認する

セット内容を確認します。

棒の先はねじになっています。

こちらはメスのねじになっています。

反対側はオスのねじになっています。

金属製でしっかりしています。

棒は細いのでその分軽いです。

同じ形がいくつかあります。

この形は6本入っています。

別の形の棒を確認します。

こちらは先端がとがっています。

地面に置いたり挿したりできそうです。

反対側はオスのねじになっています。

この棒は3本入っています。

こちらも細めなので軽く感じます。

ビニール袋から小さいパーツを出します。

シルバーの部品がつながっています。

チェーンの先に棒がついています。

シルバーのパーツには3つのねじ穴です。

付属の棒を固定して使います。

ネジ穴は斜めに角度がついています。

反対側にはフックがついています。

真っすぐとフックでどう使うのでしょうか。

チェーンの長さも変えられるか気になります。

フックを使って吊り下げるイメージです。

中央の穴をつたって動かせます。

組み立てながら確認します。

小さめのチェーンで見た目もよいです。

■トライポッドを組み立てる

トライポッドを組み立てます。

付属の棒をとって挿します。

ネジ穴を合わせて固定します。

次は先端がとがっている方をつなぎます。

3本の棒をつないだ状態です。

テントのキャノピーにも使えそうです。

先端がねじなので工夫が必要です。

残り2組の棒を組み立てます。

80cmの長さの棒が3本できました。

上部の固定パーツを取ります。

穴の向きを確認します。

外側に広がるように棒をつけます。

組立てた棒を取ります。

ネジをネジ穴に挿して回します。

順番に棒を取り付けていきます。

3本の棒を固定しました。

トライポッドの形になりました。

■使い方を確認する

三方向に足が伸びています。

チェーンが固定できるか確認します。

そのままだと下まで落ちてしまいます。

上部の棒で固定すると思います。

全て伸ばすと30cmくらい空きます。

大きいものは地面についてしまいます。

間に焚き火台を挟む場合もあります。

チェーンを上に引きます。

反対側の棒をチェーに挿してみます。

これだと棒が抜けてしまいます。

他にできることを探します。

棒を上部のチェーンに挿してみます。

シルバーの金具にかかって落ちません。

これで高さを変えることができます。

ケトルやクッカーを吊り下げて使います。

焚き火台を置いても使えそうです。

直火の場合は下げて使います。

飯ごうやダッチオーブンもよさそうです。

ケトルをかけたままお湯を注ぎます。

焚き火が楽しくなりそうなギアです。

■ギアを片付ける

トライポッドをケースに片付けます。

吊り下げているものを下ろします。

上部の棒を外します。

ネジを緩めて棒を外します。

順番に棒を外していきます。

各つなぎ目も外していきます。

棒をケースに入れます。

残りの棒もネジを緩めて外します。

チェーンはそのままだと引っ掛かりそうです。

付属のビニールに入れてから入れます。

片付けが終わりました。

■終わりに

別日に実際に使います。

実践編に続きます。

ギアや場所の詳細はこちら:

-焚火用品 / Bonfire supplies
-, ,